読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運動も食事制限もなし!ホルモンでダイエットできる?

痩せホルモンと肥満ホルモンをコントロールしてダイエットするサプリメント登場

ではこの2つのホルモンをうまく働かせるため何をすればいいのか?

それは”睡眠”です。

 

睡眠とダイエットの深い関係

 

この2つのホルモンは、睡眠と深い関わりがあるのです。

質の高い睡眠をとることで、レプチンが分泌され

グレリンの分泌を抑えることができます。

 

日本人の平均睡眠と肥満のなりやすさを調べたところ

睡眠時間が5時間以上の人に比べて、5時間未満の人の方が

肥満になりやすいという結果も出ています。

 

睡眠時間とグレリンとレプチンの血中濃度を比較した研究でも

睡眠時間が短い人ほど、食欲を刺激するグレリンが多く

食欲を抑制するレプチンが少ないことがわかりました。

 

また、質の高い睡眠をとることも大切です。

睡眠の2〜3時間前に食事を済ますことも必要です。

 

消化できていないものが、胃に残ったまま睡眠をとっても

胃腸が働いている間は熟睡できていないと言われています。